<< ペット保険の規制 | main | ペット保険の心得 >>

スポンサーサイト

  • 2011.10.31 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ペット保険の免債期間

 ペットを保険に加入させると決め、いざ加入をさせたら偶然なのか、加入後まもなく突然病気になってしまった、または怪我をしてしまった。

保険には入っているけれどまだ掛け金は数回しか払っていない。いったい給付金はもらえるのか?それとも今回は実費で一定期間払ってからでないと給付されないのか?こういった場合は本当に困ってしまいますね。唯一ペット保険に加入しておいたという安心感だけがある状態で不安やわからないことばかりです。

でもそれが当たり前なのです。保険に加入する前に散々説明は受けたけど、いざペットが病気になったりするとパニックになります。

そうならないために最低限のことは頭に入れておきたいですね。

まずは加入後間もないうちに病気になってしまったら給付は支給されるのでしょうか。
加入後の一定期間は「免債期間」というのがあります。この「免債期間」というのは何かといいますと、期間としては数十日間です。その間は病気や怪我に対して保険会社は保障しなくても良いというものです。

なので、「免債期間」がどれくらいあるのかを契約時に確認することです。数十日といっても病気や怪我は突然あります。

予防できないものに関しては仕方ないかもしれませんが、予防できる範囲のことはこの期間は徹底して予防するべきですね。

せっかく保険に加入して安心したところで「免債期間」に運悪く病気や怪我になってしまっては残念ですし、避けたいところであります。これについてはしっかりと把握しておきましょう。

スポンサーサイト

  • 2011.10.31 Monday
  • -
  • 15:04
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
sponsored links
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM