<< ペット保険の免債期間 | main | 鳥類の保険 >>

スポンサーサイト

  • 2011.10.31 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ペット保険の心得

 ペットが病気や怪我によって病院で治療などを受けた場合、治療費は全額自己負担になることは、ペットを飼っているご家庭、特に犬や猫を飼っているご家庭はご存知かと思います。

全額自己負担というのは結構な金額になりますが、かといってペットの保険の種類が豊富かというとそうではありません。

一番良いのは病気や怪我をしないことが一番というのは言うまでもありませんが、やはり健康であって病気をしていなくても誤って何かを誤飲してしまい、急いで病院に連れて行ったら結構な金額を負担することに。そしてご飯を節約しなければならなくなった、なんてことがあったらかわいそうですよね。

なので、安心を買うという意味で保険に入っておくのは良いことです。

掛け金の割に給付金額が少なかった、最初は自己負担で後からお金が戻ってくるので、最初は金銭的につらくなってしまうといったデメリットはありますが、逆を考えると少ない掛け金でいざというときにはやはり助かるものだと思います。

保険というのは自分が思っていたとおりにはならないことが多々あります。

飼い主さんも少ないとはいえ、お金を払っているのですから要望を主張するのは当然のことです。
ですが、犬や猫は一生の内にまったく病気をしない保障はありません。

平均的に犬は予防接種など含め毎年数万かかりますし、猫の場合、毎年犬よりかはかからなくとも、やはり3万円くらいはかかります。

そうなると自己負担で治療費を払うというのはやはり突然な出来事が多いだけにつらいものです。そういった理由から加入される方が多いようです。

メンズエステ 飲むコラーゲン 英語教材 ランキング 即日キャッシング しみ 化粧品 女性育毛剤

スポンサーサイト

  • 2011.10.31 Monday
  • -
  • 10:11
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント

昨日はおなに姥てフェラしてもらって合計12万円ナリ!!ヽ(*´∀`*)ノ
この仕事マジで稼げるな!てか、いつの間にか貯金が100万越えてたし(笑)

http://ten.Fuckthejapan.com/4-ecv4x/
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
sponsored links
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM