<< ペット保険の加入条件 | main | ペット保険の保障内容 >>

スポンサーサイト

  • 2011.10.31 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ペット保険の給付外は

 せっかくペットを保険に加入させて、安心な日々をすごしていても、すべての状況において保障されるわけではないというのは言うまでもありません。
人間の保険でもそうですが、ペットの保険に加入している際に気をつけなければならないことがいくつかあります。

例えていくつか例をあげてみますと、飼い主や家族によって生じた怪我は給付の対象になりません。
ほかに給付の対象にならないこととなると災害によって負った怪我です。
ましてや飼い主さんや家族によって発生した怪我については別の問題にもなりかねません。ペットの保険の給付対象は主に医療とはなっていますが、怪我の保障も入っているとはいえ、こういったことについては給付されないので気をつけましょう。

医療の給付対象外のものについては症状が伴っていない血液検査や検便などです。
血液検査をしていないからちょうど機会があったので検査しておこうなんていう理由からの血液検査については正当な理由ということではないのです。ちなみに、流産についても給付の対象にはならないのだそうです。

給付適用外の事例を各保険会社で確認してみると大体の内容は同じです。
適用外の内容は人間の保険の内容と似ていますから、保険に加入している飼い主さんであればすぐに想像がつく内容ばかりです。明らかに故意のものなどは普通に考えても適用されないというのは想像がつきます。しかし、必ず内容に目を通すということは必須なので覚えておいたほうが良いと思います。


スポンサーサイト

  • 2011.10.31 Monday
  • -
  • 12:47
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
sponsored links
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM